気ままにいろいろ > 東野圭吾のおすすめ小説をランキング!

東野圭吾のおすすめ小説を紹介!(11)
読みたい順にランク付けしました

東野圭吾のおすすめ小説

<評価の目安>
評価:星5つ 超おすすめ!★5つは全部読んで欲しい!
評価:星4つ 東野圭吾フリークでなくてもお勧めできる高評価
評価:星3つ 東野圭吾フリークなら外せない平均点以上。
評価:星2つ イマイチかな?好みが分かれる平均点以下。
評価:星1つ 読んでいて失敗したと思った1冊。
※あくまでも当サイト管理人の独断と偏見による評価です、それでいて、結構辛口だと思います。当然ですが、この評価は何ら効力を持つものではありません。東野圭吾さんの本選びの参考になれば幸いです。

「東野圭吾の小説」を探す

ある閉ざされた雪の山荘で

評価:星2つ

ある閉ざされた雪の山荘で
単行本:1992年03月

ある閉ざされた雪の山荘で
文庫本:1996年01月

緊張感のないストーリー展開にうんざり

最初の頭出しは「おっ!面白そう」と思ったのも束の間、それは本当の頭出しだけで、そのあとはダラダラと緊張感のないストーリーが展開されました。実際に殺人が行なわれたのか、どうか分からない状況のなか、登場人物はフワッとしたテンションのまま、話が進んでいく感じでした。
読み進める途中でこの人が犯人だなと思った人が結局、本当に犯人というお粗末な設定にげんなりしました。そしてあまりにもショボ過ぎるからくりにさらに残念な気持ちになりました。
「白夜行」や「幻夜」「容疑者Xの献身」といった知名度の高い名作はほぼ読み切ってしまっているので、隠れた名作に出会えることができず、ここのところ、東野圭吾作品では外れが続いています。