気ままにいろいろ > 東野圭吾「加賀恭一郎シリーズの推理小説」を勝手にランキング付け

東野圭吾「加賀恭一郎シリーズの推理小説」を勝手にランキング付け

「マスカレード・ホテル」を読んで、東野圭吾ワールドにどっぷりとハマった管理人が「加賀恭一郎シリーズの推理小説」を遠慮なく勝手にランキング付けしました。
当サイト管理人はバリバリの理系人間で、かつ文学的な才能があるわけではありません。文学的にはド素人からみて面白い作品のランキングと思っていただければ良いかなぁと思います。

加賀恭一郎シリーズおすすめランキング

「加賀恭一郎シリーズ」おすすめランキング
順位 作品名 評価
第1位 悪意
悪意
評価:星5つ
第2位 赤い指
赤い指
評価:星4つ
第3位 どちらかが彼女を殺した
どちらかが彼女を殺した
評価:星3つ
第4位 嘘をもうひとつだけ
嘘をもうひとつだけ
評価:星3つ
第5位 麒麟の翼
麒麟の翼
評価:星3つ
第6位 私が彼を殺した
私が彼を殺した
評価:星3つ
第7位 新参者
新参者
評価:星2つ
第8位 眠りの森
眠りの森
評価:星2つ
第9位 卒業
卒業
評価:星2つ
第10位    
未読 祈りの幕が下りる時 未評価

<評価の目安>
評価:星5つ 超おすすめ!★5つは全部読んで欲しい!
評価:星4つ 東野圭吾フリークでなくてもお勧めできる高評価
評価:星3つ 東野圭吾フリークなら外せない平均点以上。
評価:星2つ イマイチかな?好みが分かれる平均点以下。
評価:星1つ 読んでいて失敗したと思った1冊。

※あくまでも当サイト管理人の独断と偏見による評価です、それでいて、結構辛口だと思います。当然ですが、この評価は何ら効力を持つものではありません。東野圭吾さんの本選びの参考になれば幸いです。

加賀恭一郎シリーズ一覧

累計発行部数1,000万部を突破した驚異的な人気を誇る東野圭吾の「加賀恭一郎シリーズ」です。
最初から考えられていたのかどうか分かりませんが、シリーズの一作品ごとに「青春」「恋心」などのテーマが付けられています。
第 1の事件 青春 「卒業」
第 2の事件 恋心 「眠りの森」
第 3の事件 過去 「悪意」
第 4の事件 友情 「どちらかが彼女を殺した」
第 5の事件 感情 「私が彼を殺した」
第 6の事件 捜査 「嘘をもうひとつだけ」
第 7の事件 家族 「赤い指」
第 8の事件 人情 「新参者」
第 9の事件 未来 「麒麟の翼」
第10の事件 母性 「祈りの幕が下りる時」

卒業
単行本:1986年05月
文庫本:1989年05月

第1作目
卒業
加賀恭一郎、最初の事件。
「彼女が死んだ。卒業までに、私たちは何をすればいいんだろう」

眠りの森
単行本:1989年05月
文庫本:1992年04月

第2作目
眠りの森
優雅にして過酷。
熱情そして冷酷。
それが私たちの世界

どちらかが彼女を殺した
ノベルス:1996年06月
文庫本 :1999年05月

第3作目
どちらかが彼女を殺した
犯人は男か女か?
究極の本格推理
すべての手掛かりは示された。真相を解明するのはあなただ!!

悪意
単行本 :1996年09月
ノベルス:2000年01月
文庫本 :2001年01月

第4作目
悪意
人気作家が仕事場で絞殺された。第一発見者はその妻と昔からの友人。逮捕された犯人が決して語らない動機にはたして「悪意」は存在するのか。

私が彼を殺した

第5作目
私が彼を殺した
流行作家・穂高誠が、新進の女流詩人・神林美和子との結婚式当日に毒殺された。
美和子の兄、穂高のマネージャー、穂高の担当編集者らは、事件後つぶやく。「私が彼を殺した」と・・・。

嘘をもうひとつだけ
単行本:2000年04月
文庫本:2003年02月

第6作目
嘘をもうひとつだけ
東野圭吾はミステリーをさらに掘り下げた!
正直に生きていきたいと望んでいたのに、落とし穴にはまりこみ、思わぬ過ちを犯してしまった人間たち。そして、それを隠すために、さらに新しい秘密を抱えこむ。

赤い指

第7作目
赤い指
家族の謎
平凡な家庭に起こった、二日間の悲劇。
犯罪を超えたその先に、本当の闇がある。二日間の悪夢と、孤独な愛情の物語

新参者

第8作目
新参者
日本橋の一角でひとり暮らしの女性が絞殺された。着任したての刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかる人情という名の謎。
もう、彼女は語れない。彼が伝える、その優しさを。悲しみを、喜びを。

麒麟の翼
単行本:2011年03月
文庫本:2014年02月

第9作目
麒麟の翼
この橋に架けた愛と償い
親子だからこそ起きた悲劇と奇跡
この謎を解けるのは加賀恭一郎しかいない。

祈りの幕が下りる時
単行本:2013年08月

第10作目
祈りの幕が下りる時
悲劇なんかじゃない これがわたしの人生
東野圭吾、全身全霊の挑戦
2013年、エンターテイメント界最大のサプライズ

「東野圭吾の小説」を探す