気ままにいろいろ > メンズ香水の決定版

メンズ香水の決定版

おすすめの香水レビュー

大人の身だしなみとして押さえておきたい、おしゃれアイテム「香水」
大学生時代から香水を使い始めて20年以上の香水歴、香水大好き!「香水マニア」の当サイト管理人がおすすめ!人気のメンズ香水を紹介します。
少しでも、お気に入りの香水探しの役に立てば幸いです。香水好きの素人によるレビューであることをご了承ください。

インカント プールオム EDT サルヴァトーレフェラガモ

主張し過ぎない香りなので仕事場やフォーマルな場面におすすめ。
スーツスタイルにさり気なく使いたい上品な香水・・・

詳しくはこちら・・・フェラガモ インカント プールオム EDT

シャネル アンテウス EDT

難易度の高い、ハイセンスな大人の香り。
他にはない圧倒的な存在感のある香りですが、使いこなすのは難しい、超ハイレベルな香水・・・

詳しくはこちら・・・シャネル アンテウス EDT

カルバンクライン シーケーワン(CK one) EDT

ライト系フレグランスの定番。
万人受けする爽やかな香りなので、香水初心者でも安心して使いやすい香水・・・

詳しくはこちら・・・カルバンクライン シーケーワン EDT

ブルガリ プールオム EDT

超〜人気のメンズ香水。
人気ゆえに個性的ではないけどカジュアル、フォーマル問わずにとっても使える定番・・・

詳しくはこちら・・・ブルガリ プールオム EDT

カルバンクライン エタニティ フォーメン EDT

程よくスパイシーで清潔感のある香り。
スーツ姿にビシッと合わせても良いし、カジュアルでもお洒落・・・

詳しくはこちら・・・カルバンクライン エタニティ フォーメン EDT

アランドロン サムライ EDT

好き嫌いの分かれるセクシー系の香水。
かなりヤンチャな感じなのでフォーマルな場面には不向き・・・

詳しくはこちら・・・アランドロン サムライ EDT

ブルガリ マン EDT

落ち着いた大人の香水。
厚みのあるウッディノート、ビジネスマンにおすすめしたい香り・・・

詳しくはこちら・・・ブルガリ マン EDT

シャネル エゴイスト プラチナム EDT

洗練されたクールな大人の香水。
個性的だけど尖っていない、とことん計算し尽くされた完璧な香り・・・

詳しくはこちら・・・シャネル エゴイスト プラチナム EDT

ヒューゴ・ボス エレメント EDT

形容し難いアーティスティックな香り。
スーツに合わせたら、クールで最高に格好いい香水・・・

詳しくはこちら・・・ヒューゴ・ボス エレメント EDT

おすすめの香水ショップ

実際に利用したことのある優良ショップだけを紹介。

EDC、EDT、EDP、Pの違いは?

EDC(Eau de cologne) → オー・ドゥ・コローニュ
 日本ではオー・デ・コロンとも呼びます。
 「ドゥ」は「ド」や「デ」とも記載されます。
 フランス語で「ケルンの水」という意味。世界最古のオーデコロンであるドイツのケルン「4711」が由来と言われています。
EDT(Eau de toilette) → オー・ドゥ・トワレット
 日本ではオー・ド・トワレとも呼びます。
 フランス語でEauは「水」、deは英語の「of」、toiletteは「化粧」という意味なので、あわせて「化粧水」という意味です。
EDP(Eau de parfum) → オー・ドゥ・パルファン
 日本ではオー・ド・パルファムとも呼びます。
P(parfum)  → パルファン
 日本ではパルファムとも呼びます。
香りの持続時間や賦香率(ふこうりつ:香料の割合)によって分類されています。

香りの持続時間、賦香率 ・・・ EDC < EDT < EDP < P

しかし法律などによって規制されている分類ではないため、あくまで目安と捉えておいたほうが良いです。(例えば、賦香率からみてオードトワレに分類したほうがいいと思われる商品がオードパルファムとして販売されていることもあります)
また日本の薬事法ではオーデコロン、オードトワレの分類はなく、すべて香水という扱いになります。
たしかにEDTでもEDPよりも香りの持続時間が明らかに長いものもあるし、EDTのなかでの持続時間の差もかなりあります。